札幌の弁護士が債務整理、交通事故人身被害、不当解雇の相談を無料でお聞きします。

札幌市中央区で評判の弁護士が親身に法律相談をお受けします。

札幌の弁護士/公園通り法律事務所お問い合わせ
札幌の弁護士/公園通り法律事務所取扱分野ご相談の流れ弁護士費用関与事例弁護士紹介事務所案内

>札幌の弁護士/公園通り法律事務所  >相続  >相続放棄

相続の対象特別受益相続放棄遺産分割協議遺産分割調停、審判、訴訟

財産と負債の調査に時間がかかりそうで3か月以内に相続すべきかどうか結論を出せそうにないときは、3か月経過する前であれば家庭裁判所に対して考慮期間の延長を求めることもできます。

気をつけないとならないのは、相続財産を使ったりもらったりしてしまった後は相続放棄ができないということです。 相続放棄を考えているときは、被相続人の口座から葬儀費用を下ろすとか、財産的価値のあるものを形見分けするなどしてはいけません。

被相続人には何も財産はないと思っていたら、3か月たってから借金の請求書が来たというケースもあります。
このようなケースでは、3か月経過していても相続放棄ができる場合もあります。

また、相続放棄をすると次順位の相続人に相続権が発生します。
借金が多くて相続放棄するような場合には、自分の相続放棄の後に次順位の相続人(被相続人の兄弟など)に相続放棄を促してあげたほうがいいでしょう。

相続放棄は慎重な対応が必要なケースも多いですが、他方で、ほとんどのケースでは注意すべき点をきちんと守ればご自身で手続できます。 当法律事務所にご相談いただき、適切なアドバイスをさせていただくのがベストです。

ご相談受付お問い合わせ

個人情報保護方針について

債務整理、交通事故、離婚問題、相続、労働問題、遺言、証券・仕組債・デリバティブなど各種投資取引被害、悪徳商法、契約・商取引、債権回収

札幌の弁護士 公園通り法律事務所 〒060-0042 札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階 TEL 011-222-2922

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。