弁護士に依頼すべき理由は、遺言の実現まで適切に目配りできるところにあります。

札幌市中央区で評判の弁護士が親身に法律相談をお受けします。

札幌の弁護士/公園通り法律事務所お問い合わせ
札幌の弁護士/公園通り法律事務所取扱分野ご相談の流れ弁護士費用関与事例弁護士紹介事務所案内

>札幌の弁護士/公園通り法律事務所  >遺言

なぜ公園通り法律事務所に遺言作成を「相談」「依頼」すべきなのか
  • 遺言を作るべきケース

    お子さんのいないご夫婦、複数の結婚や結婚外で出来たお子さん、養子がいる場合、事業を継がせたい子どもがいる場合は遺言をお勧めします。

    遺言を作るべきケース 

  • 遺言の作成と種類

    公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。多少費用はかかりますが、遺言が無効となるリスクを考えると、公正証書遺言がお勧めです。

    遺言の作成と種類

  • 遺留分

    遺言は万能ではありません。一部の相続人の権利をあまりにも侵害しないため、「遺留分」という制度があります。

    遺留分

  • 事業承継

    事業を子に譲る場合、税務面の目配りはしていても、法的観点からの検討が不十分であったばかりに、死後に相続争いが発生することがままあります。

    事業承継 

  • 遺言書の検認

    自筆証書遺言(手書きの遺言)と秘密証書遺言については、遺言者が亡くなられたあと、家庭裁判所に対して「検認」の申立が必要です。

    遺言書の検認

  • ご相談受付お問い合わせ

    個人情報保護方針について

    債務整理、交通事故、離婚問題、相続、労働問題、遺言、証券・仕組債・デリバティブなど各種投資取引被害、悪徳商法、契約・商取引、債権回収

    札幌の弁護士 公園通り法律事務所 〒060-0042 札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階 TEL 011-222-2922

    ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。