札幌の弁護士が債務整理、交通事故人身被害、不当解雇の相談を無料でお聞きします。

札幌市中央区で評判の弁護士が親身に法律相談をお受けします。

札幌の弁護士/公園通り法律事務所お問い合わせ
札幌の弁護士/公園通り法律事務所取扱分野ご相談の流れ弁護士費用関与事例弁護士紹介事務所案内

>札幌の弁護士/公園通り法律事務所  >遺言  >遺言を作るべきケース

遺言を作るべきケース遺言の作成と種類遺留分事業承継 遺言書の検認
お子さんのいないご夫婦

この場合、配偶者のほかに親兄弟に相続権が生じます。
財産が家だけでほとんど貯金はないというようなケースでは、親兄弟がいらないと言ってくれない限り、配偶者は家を処分して親兄弟に相続分を払わなくてはならなくなりかねません。
このような場合、遺言を残して相続分を変更することで、配偶者の方は家に住み続けることができます。

複数の結婚や結婚外で出来たお子さん、養子がいる場合

この場合、全ての子供に平等に相続権が生じます。
それが望みであれば問題ないのですが、相続分や相続内容に違いを作りたい場合は、遺言が必要です。

事業を継がせたい子どもがいる場合

この場合、一般的には跡取りの相続分を増やす必要があり、遺言が必要となる場合があります。
生前贈与の活用なども考えられます。事業承継もご覧ください。

事業承継
ご相談受付お問い合わせ

個人情報保護方針について

債務整理、交通事故、離婚問題、相続、労働問題、遺言、証券・仕組債・デリバティブなど各種投資取引被害、悪徳商法、契約・商取引、債権回収

札幌の弁護士 公園通り法律事務所 〒060-0042 札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階 TEL 011-222-2922

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。